特定技能とは

『特定技能』とは、2019年4月に新設された新しい在留資格です。 人手不足の解消を目的としており、国内で人材の確保が困難な分野を対象に、一定の専門性・技能を有する外国人の受け入れが可能です。 外国人が日本に在留するためには、在留目的等を地方入国在留管理官署に申請し在留資格を認定される必要があります。在留資格「特定技能」は、以下の2種類があります。

特定技能1号

特定産業分野に属する相当程度の知識又は経験を必要とする技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格

特定技能2号

特定産業分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格

 
特定技能1号のポイント
特定技能2号のポイント
在留期間
1年、6か月又は4か月ごとの更新、
通算で上限5年まで
3年、1年又は6か月ごとの更新
技能水準
試験等で確認
(技能実習2号を良好に修了した
外国人は試験等免除)
試験等で確認
日本語
能力水準
生活や業務に必要な日本語能力を試験等
で確認(技能実習2号を良好に修了した
外国人は試験等免除)
試験等での確認は不要
家族の帯同
基本的に認められない
要件を満たせば可能(配偶者、子)
受入れ機関又は
登録支援機関による支援
対象
対象外

参考:在留資格「特定技能」とは | JITCO - 公益財団法人 国際人材協力機構(旧:国際研修協力機構)